豆桜やあじさい橋などで知られる演歌歌手・城之内早苗さん。元おニャン子クラブとしても有名です。

美脚や実家が生コンという噂があるみたいですね。

その城之内早苗さんの結婚相手の旦那・木村忠寛さんや子供、身長や実家、年齢などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

城之内早苗さんのプロフィール

名前:城之内早苗(じょうのうち さなえ)
本名:木村早苗(きむら さなえ)旧姓城之内
出身地:茨城県神栖市
生年月日:1968年5月17日
年齢:49歳(執筆時)
身長:164センチ
血液型:O型
学歴:明治大学付属中野高校夜間部卒業
所属事務所:プロダクション尾木
所属レコード会社:テイチクエンタテインメント

城之内早苗さんは1968年茨城県神栖市生まれで、幼少の頃から民謡と三味線を習っていました。

中学2年生のときに「全日本演歌選手権」に応募したのをきっかけにスカウトされます。

しかし、実際のデビューは演歌歌手としてではなく、スタッフの勧めにより、1985年、「夕やけニャンニャン」のおニャン子クラブ会員としてのものとなりました(会員番号17)。

ただ、一貫して演歌歌手を志向しており、1986年には「あじさい橋」でソロデビューを果たし、オリコン初登場1位という快挙を成し遂げます。

おニャン子クラブ解散後も、演歌歌手としての活動を続け、またラジオパーソナリティや「ものまね王座決定戦」のレギュラーなど、幅広く活躍。

1994年、日本有線大賞有線音楽優秀賞「酔わせてよ今夜だけ」
2012年、藤田まさと賞「松山しぐれ」
2016年、日本レコード大賞日本作曲家協会奨励賞

などの賞を受賞しています。

城之内早苗さんの旦那・木村忠寛さん

城之内早苗さんは2004年12月、36歳のときに、16歳年上の木村忠寛さんと結婚します。

木村忠寛さんは1952年生まれ。獨協大学卒業後、フジテレビに入社し、『とび出せものまね大作戦』や『夕やけニャンニャン』のディレクターを経て、『ものまね王座決定戦』のプロデューサーに就任。

あの「ものまね四天王」ブームの仕掛人として知られています。

ただ、後年、四天王の一角であるコロッケさんと対立し、コロッケさんをはじめ、ものまね王座決定戦に出場していた多くのタレントが、日本テレビのものまね番組に流れてしまったということがあったそうです。

そしてプロデューサー業を退き、映像企画部長を経てライツ開発局企画部長となり、現在はフジテレビが運営協力するハウステンボスのプロデューサーをなさっているとのことです。

城之内早苗さんの子供は?

城之内早苗さんの子供に関してですが、特に情報は出回っていないようです。

結婚後、10年以上経っていますので、城之内早苗さんほどの著名人なら、途中出産などがあれば大ニュースになっていたはずです。

しかし、そのような報道は特になかったことから、子供はいらっしゃらない可能性が高そうです。

城之内早苗さんの実家

城之内早苗さんの実家は茨城県神栖市にある「城之内酒店」というお店なのだそうです。

お店は現在も続いているようですね。

なお、城之内という名字の発祥は茨城県および千葉県だそうで、特に茨城県神栖市に集中しています。地元の旧家なのでしょうかね。

病院や建設会社など、神栖市には「城之内」の名前を冠するものが点在しています。

以上、城之内早苗さんについてでした!