福島女子刑務所の女性刑務官・山本知絵里(ヤマモトチエリ)さんと太田千春さんがザ・ノンフィクションに登場。

2人はなぜ女性刑務官という職業を選んだのでしょうか?また、山本知絵里さんの彼氏とは?2人の汗と涙の塀の中の仕事の毎日はどのようなものなのでしょうか?

太田千春さんのプロフィール

名前:太田千春(おおた ちはる)
年齢:28歳(執筆時)
現職:刑務官
所属:福島女子刑務所

太田千春さんは現在、福島女子刑務所で刑務官として勤務していますが、以前は陸上自衛隊で働いていたのだそうです。

しかし、自衛隊では人間関係がうまくいかずに退職したのだそうです。

自衛隊の人間関係というのは、上下関係の厳しさや、部隊内の結束の濃密さなど、民間企業など一般社会に比べると非常に特殊であるといいます。

隊員同士の縦と横のつながりがあまりにも強固なため、適応すれば居心地がよいのでしょうが、逆に適応できなければ、非常につらい思いをしてしまうようですね。

太田千春さんも、人間関係が理由で退職し、その後いくつかの仕事を経験することになったそうです。

しかし、それからまた刑務官のような職業を選んだというのは非常に興味深いですね。

刑務官も、自衛隊ほどではないかもしれませんが、規律が非常に厳しく、閉鎖的で、人間関係も決して簡単ではないはずです。

ただ、自衛隊を辞めてから一般企業に就職した人の多くが、自衛隊と比べて人間関係が希薄であることに逆にカルチャーショックを受けるといいます。

もしかしたら、太田千春さんも、一般企業の人間関係の希薄さがあまり肌に合わなかったということがあったのかもしれませんね。

また、公務員としての安定ということもあったのかもしれません。

ちなみに刑務官は国家公務員ですが、公安職のため、一般の国家公務員より給与が12%ほど高く設定されており、初任給は18万円程度で、20代の平均給与は25万円前後とのことです。

平均年収は630万円ほどだそうです。やはり世間の平均より高めで安定していますね。

さて、そんな太田千春さんも、いざ配属されたらプレッシャーに押しつぶされそうになり、また、1年目にして「とんでもない失敗」をやらかしてしまったのだそうです。

自衛隊にしても、刑務官にしても、厳しい競争を勝ち抜いて試験にパスしなければならないので、太田千春さんはとても真面目で勤勉な女性のはずです。

だからこそ、緊張のあまり失敗してしまったのかもしれません。

その失敗とはどのようなものなのでしょうか?それはザ・ノンフィクションの放映で明かされることと思います。

次ページ:山本知絵里さんについて