五郎丸歩選手のルーティン開発者として知られるスポーツ心理学者・メンタルコーチの荒木香織さんの本や講演会が話題です。

荒木香織さんとはどのような方なのでしょうか?

年齢や経歴、旦那や子供など家族、高校大学などwikiプロフィールについて調べてみました。

荒木香織さんのプロフィール

名前:荒木香織(あらき かおり)
出身地:京都府
生年月日:1973年2月23日
年齢:44歳(執筆時)
学歴:京都女子中学校・高等学校、日本大学文理学部体育学科卒業
現職:園田学園女子大学人間健康学部教授

荒木香織さんは1973年京都府生まれ。

学生時代から陸上部に所属し、100mを中心に活躍。インターハイ、国体、全日本インカレ、日本選手権などに出場し、記録自体も全国でトップクラスという一流アスリートでした。

ただ、地区大会では負け知らずで、実力的にも全国トップレベルだったものの、大きな大会では目立った実績を残すことはできなかったそうです。

日本大学文理学部を卒業後は陸上競技から身を引き、高校教諭を経て、アメリカに留学してスポーツ心理学を専攻。

8年かけて米国ノースカロライナ大学で運動スポーツ科学の博士号を取得します。

スポーツ心理学を学ぶ中で、かつての自分に欠けていたものが「メンタルトレーニング」「心の準備」であったことに、ようやく気付いたといいます。

帰国後の2005年、早稲田大学人間科学部助手に就任。

2008年、兵庫県立大学環境人間学部准教授に就任。同年、北京五輪のセーリング日本代表のメンタルコーチに就任。

2012年にラグビー男子日本代表のメンタルコーチに就任。2015年のW杯終了まで務めます。

五郎丸歩選手の有名な「五郎丸ポーズ」のルーティンは、荒木香織さんと五郎丸歩選手が、共に試行錯誤した末に編み出したものでした。

2016年より園田学園女子大学人間健康学部教授に就任、現在に至ります。

大学の研究・教育のかたわら、メンタルトレーニングのコンサルタントとして、数多くの講演会をこなし、2016年には初めての一般向け著書『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』を出版。

またテレビ番組「ホンマでっかTV」出演など、幅広く活躍しています。

荒木香織さんの旦那、子供

荒木香織さんはご結婚なさっており、旦那さんは中学校の教員なのだそうです。

荒木香織さんは大学卒業後、高校教諭をなさっていたので、その時に出会ったのでしょうかね。

また、荒木香織さんは、ラグビー日本代表のメンタルコーチとして、2015年のW杯開催中はイングランドに滞在していましたが、応援のために旦那さんと当時生後11ヶ月の息子さんが訪れています。

あの世界的に話題になった南アフリカ戦を、息子さんと一緒に観戦したのだそうです。

世界を股にかけて活躍する荒木香織さんですが、理解ある旦那さんと、まだ幼くてかわいい子供の存在がとても大きいのでしょうね。

以上、荒木香織さんについてでした!