テマキングこと飯尾彰浩さんが沸騰ワード10に登場。

京都の酢の醸造会社・飯尾醸造の社長さんだそうですね。

テマキングと何者か?レシピや酢、また飯尾彰浩さんの結婚や子供、学歴経歴などwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

テマキング飯尾彰浩さんのプロフィール

名前:飯尾彰浩(いいお あきひろ)
出身地:京都府
生年月日:1975年
年齢:41歳(執筆時)
学歴:東京農業大学卒業、同大学院修了

飯尾彰浩さんは1975年生まれ。京都にある酢の醸造会社である「飯尾醸造」の5代目です。

東京農業大学では醸造について学び、卒業後はコカ・コーラ社を経て、2004年に実家の飯尾醸造に入社。

2012年に父親の跡を継ぎ、飯尾醸造5代目社長として現在に至ります。

飯尾彰浩さんのテマキングとは

飯尾彰浩さんは、飯尾醸造社長として以外に、「テマキング」としての活動でも知られています。

テマキング活動の目的は、手巻き寿司の普及と、それに伴う日本人の「おもてなし」の向上なのだそうです。

会社を挙げての活動として、手巻き寿司パーティー、略称「テマパ」を催し、レシピやノウハウの提供を通じて「テマパ」の普及に尽力しています。

テマキング飯尾彰浩さんの結婚、子供

飯尾醸造の5代目でもある飯尾彰浩さんは、ご結婚なさっているのでしょうか?

6代目の跡取りも必要でしょうから、気になるところではあります。

しかし、飯尾彰浩さんの結婚や子供について、特に情報は出回っていないようです。

すでに結婚して跡取り息子もいらっしゃるのかもしれませんが、なんとも言えないところです。

ただ、たとえ独身だったとしても、料理の得意な京都の老舗会社の社長というスペックは、引く手あまたなのではないかと思います。

テマキング飯尾彰浩さんの年収

飯尾彰浩さんの年収については、当然ですがはっきりした数字は公表されていないようです。

飯尾醸造の従業員数は26人とのことです。

従業員数300人未満の会社の社長の報酬の平均は3109万円とのことですが、あまり参考にならないかもしれませんね。

自営業全体の平均年収は550万円程度と言われています。飯尾醸造は従業員数26人の株式会社で、老舗で知名度も高く、美味しんぼのような有名な漫画に取り上げられるような会社なので、これよりは多いと考えて良いと思います。

あくまで推測ですが、1000万円前後くらいではないでしょうか。もっと多くても不思議はありません。

次ページ:テマキングのレシピ、おすすめ具材、酢の商品、口コミなど