クレイジージャーニーで話題のスカイダイビング・久保安宏さん。

仕事職業、収入源や年収はどうなっているのでしょうか?また結婚や嫁、子供は?

経歴wikiプロフィールとともに調べてみました。

久保安宏さんのプロフィール

名前:久保安宏(くぼ やすひろ)
出身地:東京都青梅市
生年月日:1962年6月24日
年齢:54歳(執筆時)
身長:177cm
体重:72kg
学歴:明星大学人文学部社会学科卒業
現職:株式会社クボプラ代表取締役、プロスカイダイバー

久保安宏さんの職業、仕事

久保安宏さんと言えば、何と言ってもクレイジージャーニーでのスカイダイビングのイメージがあります。

普段どのような仕事をなさっているのか、また年収、収入源などが気になりますよね。

調べてみると、どうやら久保安宏さんは「株式会社クボプラ」という会社の代表取締役社長をなさっているようです。

名前からうかがえるように、この会社はプラスチックの加工を専門とする会社で、精密機械やカバー、水槽などの加工、溶接加工品などを扱っているようです。

所在地は久保安宏さんの地元である東京都青梅市で、創業は1966年とのことです。

久保安宏さんの父親である先代・久保名宏(もりひろ)さんが、個人で立ち上げたのだそうです。

最初は資本金100万円から始まりましたが、順調に業績を伸ばし、1991年には資本金が2000万円まで増資され、現在に至ります。

なお、久保安宏さんが2代目を継いだのは27歳のときなのだそうです。

久保安宏さんは当時、20歳から始めたスカイダイビングで活躍しており、社長就任後も自分のキャリアについてしばらくの間悩み続けていたといいます。

しかし、やがてスカイダイビングのマネジメントと会社の経営が同じであることを悟り、それ以降は社長とスカイダイバーの2足のわらじでずっとやっていこうと腹をくくったのだそうです。

なお、「クボプラ」では、フライス、旋盤、アクリル、ユニレート、ポリカ透明、ターカイト、リコセルなどの機械加工、また接着溶接、熱や曲げ、彫刻、ポリカーボネートなどの板加工を扱っているとのことです。

クボプラはこの機械加工と板加工を両方扱えることが非常に大きな強みだと久保安宏さんは考えているようです。

社員に対しては、部下というよりも仕事をしながら一緒に生きていく仲間と捉えているようで、人材の入れ替わりはほとんどないのだそうです。

従業員数は20名程度ですが、少数精鋭で、優れた技術・技能を持った人が揃っているのでしょうね。

クレイジージャーニーなんかを見ると、スカイダイビングに明け暮れているイメージがあり、収入はどうしているのかと思ったのですが、立派な会社の社長さんだったのですね。

次ページ:久保安宏さんの年収、結婚、娘について