四季の歌、坊がつる讃歌、穂高よさらば等で知られる歌手・芹洋子さん。

交通事故で記憶喪失になりますが奇跡的に復活。その方法とは?また今現在は?

芹洋子さんの年齢、旦那や子供など家族、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

芹洋子さんのプロフィール

名前:芹洋子(せり ようこ)
本名:伊東洋子(いとう ようこ)旧姓善利
出身地:大阪府東大阪市
生年月日:1951年3月10日
年齢:66歳(執筆時)
学歴:八尾市立清友高等学校卒業

芹洋子さんは1951年大阪府生まれ。

小学校4年生の頃からテレビに出演し、1969年にビクターより「野に咲くバラのように」でメジャーデビューを果たします。

1972年にキングレコードに移籍し、「牧歌~その夏~」で再デビューします。

以後、「愛の国から幸福へ」「四季の歌」「赤い花白い花」「坊がつる讃歌」などが立て続けにヒット。

特に「四季の歌」はミリオンセラーを記録し、また「坊がつる讃歌」では1978年に紅白歌合戦出場を果たします。

1981年には日中文化交流音楽大使として日本人初の北京公演を実現し、以後12回にも及ぶ中国公演を実施。

また、「コマーシャルソングの女王」としても知られ、「ハウスプリン」「ホワイト&ホワイト」(歯磨き粉)など、現在までに600以上もの曲を歌ってきました。

芹洋子さんの結婚、旦那、子供

芹洋子さんは1981年に、所属プロダクション社長の伊東佳男さんと結婚。翌年、長女を出産します。

長女の伊東亜美さんは高校卒業後、文化学院の普通科に入学し、文章制作に目覚め、作家を志すようになったそうです。

そして、卒業後、ふたたび文化学院の創造表現科に入学し、シナリオや文学、心理学等を幅広く学びます。

卒業後は芸能界入りし、現在、芹洋子さんのマネジメントを担当し、そのかたわら2015年より声優・役者としての活動を開始しています。

次ページ:芹洋子さんの交通事故、記憶喪失、復活、現在について