ザ・ノンフィクション上京物語2015で話題になった神谷真帆(カミヤマホ)さんが上京物語2017に再登場します。

徳之島から板前を目指して、彼氏の平岡大成さん、同級生の平山義樹さんと3人で上京し、平山さんと同じ寿司店に就職した神谷真帆さんのその後、現在は?

神谷真帆さんのプロフィール

名前:神谷真帆(かみや まほ)
出身地:沖縄県
出身高校:樟南第二高等学校

神谷真帆さんは沖縄県出身で、中学生の時に鹿児島県の奄美群島の1つである徳之島に移住しました。

神谷真帆さんは、優等生だった高校時代から板前を目指しており、高校3年生のときから島のホテルの厨房でアルバイトを始めます。

神谷真帆さんには平岡大成さんという彼氏がいました。平岡さんは東京のスーパーに就職が決まっており、真帆さんは彼についていくつもりでした。

しかし、父親の神谷朝広さんに平岡大成さんを紹介し、将来のプランを告げたところ、東京行きを反対されます。

朝広さんによれば、板前という仕事は非常に厳しく、女性にとってはなおのこと厳しい世界だというのが、一つの大きな理由でした。

軽い気持ちで「できる、できる」と答えていた真帆さんを見て、朝広さんは辛辣ながら冷静で客観的な評価を下していました。

それでも結局、神谷真帆さんは彼氏の平岡大成さん、そして同級生の平山義樹さんと3人で上京。

そして、平山義樹さんと共に、「意気な寿し処阿部」に就職し、同僚となります。

持ち前の真面目さから、当初バリバリと仕事をこなしていた神谷真帆さんでしたが、慣れない東京の人たちに対する接客や、厳しい男社会の中の紅一点であることなど、人間関係の壁にぶつかり、悩むようになります。

ついに耐えられなくなった神谷真帆さんは、平山義樹さんに相談することなく、唐突にメールで親方の阿部さんに辞めることを申し出ます。

後でそれを知った平山義樹さんは、徳之島にいる仲間にそのことを報告し、また神谷真帆さんと会って2時間ほど話をするなど、引き留めようとします。

そして、平山義樹さんから連絡を受けた仲間たちが、メールや電話で神谷真帆さんを励まします。

これら平山義樹さんをはじめとする仲間たちの励ましを受けて、神谷真帆さんは辞意を撤回し、ふたたび板前修業を続けることを決意します。

次ページ:神谷真帆さんのその後、現在の仕事、お店について