武田双雲さんと言えば、母親の武田双葉さん、弟の武田双鳳さん、武田双龍さんと共に書道家として知られていますが、どのような方なのか?

カフェや発達障害の噂などがあるようですね。

その武田双雲さんの結婚、妻や子供など家族、作品の販売価格や購入、経歴などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

武田双雲さんのプロフィール

名前:武田双雲(たけだ そううん)
本名:武田大智(たけだ だいち)
出身地:熊本県熊本市
生年月日:1975年6月9日
年齢:42歳(執筆時)
身長:185cm
学歴:熊本マリスト学園高等学校、東京理科大学理工学部情報科学科卒業
職業:書道家

武田双雲さんは1975年生まれ。

母親はプレバトの書道の先生としても有名な書道家の武田双葉さんです。

武田双雲さんには弟が2人いて、次男の武田双鳳さん、三男の武田双龍さんも書道家として活躍しています。

武田双雲さんはもともと書道家になろうとは考えておらず、東京理科大学理工学部情報科学科を卒業後、NTT東日本の営業部に就職します。

しかし、転機は突然訪れました。

ある日のこと、会社である女性社員の名前を代筆したところ、その筆跡を見た女性から、

「今までは自分の名前が嫌いだったけど、初めて自分の名前が好きになれた」

と涙を流して感動されたことがあったようです。

それを見た武田双雲さんは翌日辞表を提出して会社を退職。

以後、母親の武田双葉さんの書道教室で1年間学び、2001年から「ストリート書道家」として活動を開始。

道行く人たちのリクエストに応えて即興で書を書くスタイルで活動を行い、さらに墨を用いた大字パフォーマンスでメディアに注目されるようになります。

2009年のNHK大河ドラマ「天地人」では題字を担当し、武田双雲さんの名は広く一般にも知られるようになりました。

以後、書道家、書道教室の師範として活躍するかたわら、スーパーコンピューター「京」のロゴや、クリネックスティシュー至高シリーズ「羽衣」の羽衣の字など、様々な分野で文字のデザインを提供。幅広く活躍しています。

次ページ:武田双雲さんの嫁、子供、発達障害の噂、下手という評価、カフェ、作品の購入や価格について