「67歳の地下アイドル」プリンセスやすこさんという凄い人がいます。

某大手企業を定年退職した後に地下アイドルに転身したというプリンセスやすこさんとはどのような人なのか?

その経歴や年収、収入などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

プリンセスやすこさんのプロフィール

名前:プリンセスやすこ
本名:太田安子(おおた やすこ)
生年月日:1949年12月26日
年齢:67歳(執筆時)
血液型:AO型

太田安子さんは1949年生まれ。

60歳まで、繊維や樹脂を扱う大手化学企業の東レに勤務し、定年退職後にアイドル活動を始めます。

きっかけは定年退職を機に、自分へのご褒美としてミニライブを開いたところ、アンコールを受けるほど大好評だったそうです。

その観客の反応にいたく感激した太田安子さんは、60歳以上のシルバー世代の女性を激励することをコンセプトに、ダメもとでアイドル活動を開始します。

プリンセスやすこの誕生でした。

60代の地下アイドルの噂はすぐに広まり、同世代を中心にファンたちの熱烈な支持を受けるようになります。

現在では、定年退職や引退、送別会などの集まりに引っ張りだこで、毎日いくつもの場所でライブ活動を行うなど、地下アイドルとして多忙な日々を送っています。

以後、ステージ衣装などでこれまで3000万円もの大金を費やし、東レの退職金は底をつき、現在は年金暮らしでカツカツなのだそうです。

周囲の人たちからは批判のようなことも受けたようですが、プリンセスやすこさんにとっては、「お金をパッとつかうことは楽しい」ようで、思い切ることができたのだそうです。

なお、プリンセスやすこさんは、幼いころから人前で歌うことを夢見続けており、定年間近になってボイススクールに通うようになったそうです。

ですので、定年退職後のプリンセスやすこさんの姿は、在職中にすでに、潜在意識の中に存在していたのかもしれませんね。

プリンセスやすこさんの年収

プリンセスやすこさんは、地下アイドルの活動以外にも、作詞家、カメラマン、ヘアメイクアーティストとしても活動なさっています。

実はプリンセスやすこさん、地下アイドル活動以外にも、シルバー世代の女性限定の写真スタジオを経営し、フォトグラファーとしても活躍なさっているのだそうです。

いずれにしても、自分と同世代の女性を応援するというコンセプトは一貫しています。

なお、収入についてですが、「年金で食いつないでいる。めっちゃ苦しい」という発言があり、アイドル活動やフォトグラファーとしての活動はそれほど利益が出ているわけではなさそうです。

衣装代などの経費が凄まじい(3000万円!)みたいですから、売上はそれなりにあっても、利益としてはほとんどお金が残らない、といったところなのでしょうね。

おそらく、ビジネスというよりも、引退後の道楽的なところから始まったことなので、利益は度外視で、自分と同じシルバー世代の女性を鼓舞することにやりがいを感じ、そして何より自分が楽しむことが一番ということなのではないでしょうか。

最近テレビでも取り上げられる機会が増えてきており、今後のプリンセスやすこさんの活動の展開がとても楽しみですね。

以上、プリンセスやすこさんについてでした!