東北芸工大大学院でレズビアンをカミングアウトしたアーティスト・ヒノヒロコさんの活動が注目を集めているようです。

ヒノヒロコさんとはどのような方なのか?作品や経歴などwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

ヒノヒロコさんのプロフィール

名前:ヒノヒロコ
出身地:宮城県仙台市
生年月日:1992年
年齢:24歳か25歳(執筆時)
学歴:東北芸工大学大学院卒業

ヒノヒロコさんは嘔吐や女性同士の性などをモチーフに、自分自身の身体を用いた過激なパフォーマンス・アートを行う、レズビアンのアーティストです。

大学院修士時代の映像作品「レズビアン・フリークスの誕生」

この作品は、ヒノヒロコさんが演じる人物が、ウェディングドレスを着た女性たちに七色の吐瀉物を吐きかけるというパフォーマンス作品です。

吐瀉物を吐きかけるという行為は「カミングアウト」を表現しており、男女間の性愛や結婚だけが正しいとする世の中の風潮に疑問を投げかけ、また性的マイノリティの人たちがありのままで自由に生きられるように、という願いを込めたといいます。

この作品は発表されるやいなや、朝日新聞や日本経済新聞に掲載されるなど、大きな話題になりました。

ヒノヒロコさんの作品のポートフォリオはこちら

他には、モデルとして現代写真家インベカヲリさんの被写体を務め、文筆家としてニュースサイト「ウートピ」でLGBTとアートをテーマに連載を寄稿したり、またウーマンオンリーイベント「LADY EDEN」のオーガナイザー兼ダンサーを務めるなど、幅広く活躍しています。

ヒノヒロコさんってどんな人?性格は?

ヒノヒロコさんってどんな人なのでしょうか?

ヒノヒロコさんはtwitterアカウントをお持ちなのですが、何と言うか、かなりエッジの効いたツイートが多いです。

かなりアレなツイートですが、怖いというよりは、クスッと笑ってしまう感じなのが面白いです。

とは言え、もちろんこんな感じのツイートばかりではありません。

次ページ:ヒノヒロコさんの人柄の別の一面、彼女など