元慶應ボーイの専業主夫・宮内崇敏(ミヤウチタカトシ)さんが○○の妻たちに登場。

「カタルエ」の人気ブロガー・ムーチョとしての顔も持つ宮内崇敏さんですが、その経歴は?

また妻や子供、副業や収入、経歴なども気になったので調べてみました。

宮内崇敏さんのプロフィール

名前:宮内崇敏(みやうち たかとし)
出身地:東京都江東区
学歴:慶應義塾大学卒業
現職:専業主夫

宮内崇敏さんは小学4年生の頃から4年間、シンガポールに住んでいた、いわゆる帰国子女です。

帰国後、1999年に慶應義塾大学文学部東洋史学科に入学。

卒業後はディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドに入社し、人事部に務めます。

海外育ちのためか、上司にもはっきり意見する性格のため、上下関係の厳しい日本の企業風土になじめず、めまいや過呼吸などの自立神経失調症を発症。

いったん会社を辞め、転職したものの、回復にはいたらず、悩んだ末、奥さんに「専業主夫」宣言します。

奥さんは快諾してくれ、妻が外で働き、夫の宮内崇敏さんが家事育児を担当するという現在のライフスタイルが出来上がりました。

宮内崇敏さんは現在、家事や2人の娘の育児はもちろんのこと、ママ友・パパ友との交流、PTAや町内会の役員、家具修理やPCデータの管理など、何でもこなす超有能な専業主夫として多忙な日々を送っています。

宮内崇敏さんの妻、子供

なお、宮内崇敏さんの奥さんは、高校、大学時代の同級生で、現在外資系企業で研究職をなさっているそうです。

宮内崇敏さんのフェイスブックには、高校は「Keio Academy Of New York」卒業とありましたので、奥さんも同じ高校を卒業した帰国子女ということになりますね。

奥さんにとって、外で働くことは自然なことなのだそうで、ご自身には専業主婦願望のようなものはなく、夫の宮内崇敏さんの生き方を羨ましいと思うことは特にないとのことです。

そういう意味では、まさにぴったりの関係性なのでしょうね。

なお、宮内崇敏さんのツイッターアカウントのプロフィールによると、宮内崇敏さんの年齢は37歳ですので、奥さんも同じ年齢ということになります。

また、2人の娘さんは10歳と8歳とのことです(2017年6月12日現在)。

宮内崇敏さんのブログ「カタルエ」、収入は?

宮内崇敏さんは専業主夫のかたわらブロガーとしても活躍しており、そのブログ「カタルエ」は月間20万アクセスもある人気ブログとして知られています。

イラストの特技を活かして4コマ漫画を投稿してみたところ、人気に火がつき、現在ではリクルート「赤すぐ」など複数のウェブメディアで連載しています。

ブログ名の「カタルエ」は「語る絵」という意味なのだそうです。コンセプトにぴったりのネーミングですね。

宮内崇敏さんのブログ収入が気になるところですが、人気ブロガーのイケダハヤトさんによると、月間20万アクセスのブログ収入は、だいたい5~10万円くらいになるのだそうです。

もちろん宮内崇敏さんの場合は、これだけでなく、ウェブ漫画の連載、海外旅行者を自宅に宿泊させる「airbnb」のホスト、そしてオンラインサロン「家事研究部」の運営者としての収入などもあります。

ですので、専業主夫とはいえ、かなりの額を副業で稼がれているものと思われます。もしかしたら20代のエリート会社員時代よりも収入が多いかもしれませんね。

やはりデキる男は学歴や会社といった肩書に関係なく、自分の力で道を切り拓いて成功を収めることができるものなのですね。

「学歴も含め、とらわれないこと。人の目を気にせず、自分の目の前のことに向かって幸せを感じるって大事だと思います」

とは宮内崇敏さんの発言ですが、まさに有言実行、とてもカッコイイ生き方だと思います。

以上、宮内崇敏さんについてでした!