ヘイユーブルースや西遊記、さがみ典礼などで知られる左とん平さんが急性心筋梗塞のため入院したこと、死神や売らいでか降板が話題です。

その左とん平さんの今現在、逮捕歴の噂、息子や嫁家族などwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

左とん平さんのプロフィール

名前:左とん平(ひだり とんぺい)
本名:肥田木通弘(ひだき みちひろ)
出身地:東京市王子区
生年月日:1937年5月30日
年齢:80歳(執筆時)
身長:163cm
血液型:O型
学歴:世田谷学園高校卒業

左とん平さんは1937年東京市生まれ。父親は郵政省の役人で、退官後は旅館業や飲食店などを手広く経営していました。

世田谷学園高等学校卒業後は、進学せずにぶらぶらしていましたが、それを見た父親から新丸子にあるすし店の経営を任されます。

芸能界入りのきっかけは、1957年に高校の同級生の辻しげるさんらと劇団を結成したことから。

後に三木鶏郎さんの冗談工房に入団し、同年、ラジオの「トリローサンドイッチ」のメンバーになり、その後テレビ出演を果たします。

以後、1960年代頃から新宿コマ劇場などに出演するようになり、1970年代には「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などに出演し、一躍人気ものになります。

以後も、名バイプレーヤーとして数多くの映画、ドラマ、舞台に出演、またシングル「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」がヒットするなど、音楽の方面でも足跡を残しています。

左とん平さんの現在

左とん平さんは、現在も2016年の映画「オケ老人!」、2017年のドラマ「誤差」、ミュージカルコメディ「死神」、舞台「売らいでか!」など、名バイプレーヤーとして精力的に活動を続けています。

しかし、2017年6月4日夜に、自宅で胸の痛みを訴え、救急搬送されます。

急性心筋梗塞を発症し、緊急手術を受け、成功。現在は快方に向かっているといいます。

ただ、「死神」「売らいでか!」については降板を余儀なくされており、現在は復帰に向けて療養中とのことです。

左とん平さんの逮捕歴

左とん平さん、過去に逮捕歴があるようです。

現在の左とん平を見ると、好々爺という感じで、とてもそんな風に見えないのですが、事実のようです。

1980年5月11日にポーカー賭博を400回繰り返し行った容疑で、翌年の1981年1月26日に逮捕。

しかし、左とん平さんは当時帝劇「華麗なる遺産」に出演中だったため、翌日に釈放されたのだそうです。

ところが、これに懲りず、左とん平さんはその後も賭博行為を繰り返し、合計3回も逮捕されることになり、ついに謹慎処分を受けてしまいます。

ちなみに、左とん平さんは、自身の喜寿祝いパーティのときに、このときのエピソードを明かしています。

それによると、謹慎中に暇を持て余していた左とん平さんのところに、小林桂樹さんが菓子折りを持って訪れ、家の中を見回しながら、

「これが犯罪者の家なんだ。珍しいモノを見せてもらったよ」

とキツイ一言を浴びせたのだそうです。

とは言え、小林桂樹さんは、左とん平さんの謹慎中に世話になった数々の先輩たちの一人で、その言葉には嫌味がなく、優しさがあったといいます。

理解ある周囲の人達の温かさに支えられ、その後の左とん平さんは賭博行為を繰り返すことはなくなったようですね。

次ページ:左とん平さんの息子、嫁について