痛くないハイヒールブランド「サキアス」の瀧見サキ(タキミサキ)さんがセブンルールに登場。

仕事と育児を両立させるカリスマ靴デザイナーの瀧見サキさんはどのような人なのか?

年齢や旦那子供、経歴や年収などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

瀧見サキさんのプロフィール

名前:瀧見サキ(たきみ さき)
生年月日:1977年
年齢:40歳(執筆時)
学歴:大卒

瀧見サキさんは1977年生まれ。

瀧見サキさんがハイヒールに興味を持ったきっかけは、自身の体型に対するコンプレックスだったそうです。

幼い頃から細身で、女性らしい身体つきに憧れていた瀧見サキさんは、ハイヒールを初めて履いた時、女性として目覚めた感覚を得て、それまでにない高揚感を感じたのだそうです。

大学卒業後、海外留学を経て、帰国後に一般企業に務めるようになり、10万円のハイヒールを買ったときに、「足の痛くならないハイヒールを自分で作れないものか」と思い立ちます。

そして、会社を辞め、靴職人になるために専門学校に通うようになります。

通学のかたわら、学校のない日は独学で医学や解剖学を学び、人体の構造を知ることで、痛くないハイヒールの実現に向けた理論的な探求も続けました。

その努力の結晶が、瀧見サキさんの「痛くないハイヒール」のブランド・SAKIAS(サキアス)でした。

瀧見サキさんの旦那・瀧見憲司さん、子供

瀧見サキさんの旦那さんは、10歳年上のDJ・瀧見憲司さんです。

瀧見憲司さんは、クルーエルという音楽レーベルのオーナーでもあり、海外でも活躍しており、業界ではかなりの有名人なのだそうです。

瀧見サキさんと瀧見憲司さんには、小さいお子さんがいらっしゃいます。おそらく見た目2歳とか3歳くらいなので、瀧見サキさんが37、8歳頃に出産したものと思われます。

デザイナーとして超多忙な毎日を送っているさなかに、さらに高齢出産というリスクを負い、その上に育児という大変な仕事に立ち向かっていくその姿には、畏敬の念を覚えずにはいられません。

瀧見サキさんの年収

瀧見サキさんの年収が気になります。

一般に靴デザイナーの年収というのは、こちらの口コミサイトによると、200~300万円台が多く、最高でも600万円くらいでした。

高い技術を持つ技能職ですが、収入的には厳しいみたいですね。

ただ、これはあくまで勤め人の場合なので、瀧見サキさんのようにご自身でブランドを立ち上げているような人は、また別の話になります。

瀧見サキさんは、後述するように、伊勢丹新宿店のような有名百貨店に出店し、また雑誌やテレビでも取り上げられるような有名デザイナーですので、収入的には平均よりもずっと多いものと思われます。

瀧見サキさんの店舗

瀧見サキさんのブランド「サキアス」ですが、ネット通販で購入することができます。

通販サイトのURL
http://www.l-o-v-e.jp/store/products/list.php?category_id=47

価格帯はだいたい5~7万円くらいのようですね。

また、都内を中心にいくつか実店舗がありますので、実物を確かめてから購入したいという人は足を運んでみると良いとおもいます。

・伊勢丹新宿店リ・スタイル
・STUDIOUS CITY NEWoMan 新宿店
・LOVE(愛知県岡崎市)
・AFTER SCHOOL(新潟県新潟市)など

所在地、その他の店舗など詳細はサキアス公式HPを御覧ください。

以上、瀧見サキさんについてでした!