つんくさんの「うまれてきてくれてありがとう」が話題になった歌手のクミコさん。

「祈り」や「広い河の岸辺」などで知られていますが、どのような人なのでしょうか?

クミコさんの結婚や旦那、子供など家族、身長や本名、経歴などwikiプロフィールについて調べてみました。

クミコさんのプロフィール

名前:クミコ
本名:斉藤久美子
旧芸名:高橋久美子
出身地:茨城県水戸市
生年月日:1954年9月262日
年齢:62歳(執筆時)
血液型:B型
学歴:埼玉県立春日部女子高等学校、早稲田大学教育学部卒業
現職:歌手
所属レーベル:日本コロムビア

クミコさんは1954年茨城県水戸市生まれ。

当初は演劇を志し、早稲田大学に入学しましたが、演劇の中で歌うシーンがあり、歌うことに目覚めて歌手を目指すようになります。

大学卒業後はバンドのボーカルをしながらコンテストに出場したりしますが、メジャーデビューの機会を得ることができず、レストランでシャンソンの弾き語りをしたりなど、細々と活動を続けます。

一般に知られるようになったのは、2000年、作詞家の松本隆さんプロデュースの『AURA』からのことです。

さらに次の初アルバム『愛の讃歌』収録の曲が話題になるなど、次第に知名度を上げていきます。

2010年には、『INORI~祈り~』をリリース。

これは、広島の被爆二世の佐々木祐滋氏が、広島平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデルであるおばの佐々木禎子、そして平和への想いを綴った歌でした。

この曲は有線の週間チャートで1位になり、クミコさんは同年の紅白歌合戦に初出場を果たします。

クミコさんの結婚、旦那

クミコさんは以前結婚していましたが、現在は離婚しているとのことです。

クミコさんの本名は斉藤久美子ですが、以前の芸名は「高橋久美子」でした。

つまり、結婚している間は元夫の高橋姓を名乗っていたということになります。

クミコさんは、1999年、「高橋久美子」の時代に作詞家の松本隆さんに出会い、それがきっかけとなってブレイクします。

そのとき松本隆さんに、

「別れた亭主の名前をいつまでも付けているから売れない」

というアドバイスを受けて、姓を外した「クミコ」に改名したのだそうです。

なお、子供についてですが、特に情報は出回っておらず、詳しいことは分かりませんでした。

クミコさんの身長は?

クミコさんの身長についてですが、特に数値は公表されていないようです。

ですので、他の人と並んでいる写真から検証してみることにします。

こちらの写真では、山瀬まみさん(167cm)とほぼ同じくらいです。

また、こちらの写真では生島ヒロシさん(168cm)より若干低いようです。

他にもいろんな写真がありましたが、ヒールを履いていたりいなかったりで違いが出てくることも考慮して、クミコさんの身長は160~165cmの間くらいではないかという印象です。

以上、クミコさんについてでした!