『イギリスはおいしい』などの著作で知られる日本文学者で作家のリンボウ先生こと林望さんとはどのような方なのでしょうか?

結婚や妻、子供など家族、大学や経歴などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

林望さんのプロフィール

名前:林望(はやし のぞむ)
出身地:東京都墨田区
生年月日:1949年2月20日
年齢:68歳(執筆時)
学歴:慶應義塾大学文学部国文学科卒業、同大学院文学研究科博士課程単位取得退学

林望さんは1949年東京都生まれ。

慶應義塾大学文学部国文学科に進学し、書誌学を専攻。同大大学院文学研究科博士課程を単位取得退学します。

1984年から87年にかけて、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学で研究のためイギリスに滞在。

この間、共著で『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』を完成させ、1992年度の国際交流基金国際交流奨励賞を受賞します。

イギリス滞在の体験から、イギリスの食文化や食生活についてのエッセイ『イギリスはおいしい』を出版し、作家デビューを果たします。

後に東京藝術大学助教授に就任しますが、自由な創作活動を目指し、退職し、以後フリーの立場でエッセイや小説などを発表し続けています。

近年は源氏物語の現代語訳に取り組み、2013年に『謹訳 源氏物語』で毎日出版文化賞特別賞を受賞しています。

林望さんの父親・林雄二郎氏

林望さんは、かなり凄いエリートの家系です。

父親は経済企画庁の元官僚で、1969年に未来の情報化社会を予見した『情報化社会』を発刊したことなどで知られる未来学者の林雄二郎氏です。

林雄二郎氏は経済企画庁の官僚、東京工業大学教授を経て、トヨタ財団を設立し、専務理事に就任。

さらに東京情報大学の初代総長や日本財団の顧問などを歴任しています。

林雄二郎氏の長男は博報堂生活総合研究所の元所長の林光さん、次男が林望さんです。

また、林望さんの伯父は東京大学元総長で参議院議員も務めた林健太郎氏で、その息子(林望さんの従兄弟)に三井不動産元副社長で現セレスティンホテル社長の林洋太郎さんがいます。

次ページ:林望さんの妻、子供、病気について