松居大悟監督と言えば、蒼井優さんの主演映画やアウトデラックスなどが話題ですが、どのような人なのでしょうか?

兄や彼女、結婚、母親、大学、経歴などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

松居大悟さんのプロフィール

名前:松居大悟(まつい だいご)
出身地:福岡県北九州市(福岡市育ち)
生年月日:1985年11月2日
年齢:31歳(執筆時)
身長:164cm
学歴:久留米大学附設中学校・高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業
所属事務所:ゴーチ・ブラザーズ

松居大悟さんは1985年福岡県生まれ。

母親は九州で活躍するコラムニスト・トコさんです。

子供の頃はドラえもんが大好きだった松居大悟さんは、やがて漫画家を志すようになりますが、持ち込んだ出版社からダメ出しされ、諦めてしまいます。

その後、久留米大学附設高校の仲の良かった友達とコンビを組んでM-1グランプリに第2回(2002年)から出場し、慶応大学へ進学した後も、第6回(2006年)まで毎年出場します。

また、慶応大学入学と同時に演劇サークル『創像工房 in front of.』に入団し、2006年には団体内で劇団ゴジケンを結成し、2008年4月に独立。

松居大悟さんは現在もゴジケンを率い、全公演の作・演出・出演を手掛けています。

2009年夏に桜庭ななみさん主演のNHKドラマ「ふたつのスピカ」でドラマ脚本家としてデビューします。

当時23歳でしたが、これはNHKドラマ連続ドラマの脚本では史上最年少でした。

さらに2012年、『アフロ田中』で映画監督としてデビュー。

尾崎世界観さんの率いるバンド「クリープハイプ」のメジャーデビュー以降のビデオクリップも手掛けています。

2015年には『私達のハァハァ』『ワンダフルワールドエンド』で第7回TAMA映画賞最優秀新進監督賞を受賞するなど、近年最も注目を集めている新進気鋭の若手監督の一人です。

松居大悟さんの母親・トコさん

松居大悟さんの母親は、福岡県在住のコラムニストでローカルタレントのトコさんです。

トコさんは1959年福岡県生まれで、慶應義塾大学法学部卒業後、見合い結婚をして専業主婦生活を送り、二男の母となります。

1998年、福岡・博多のローカルルールをまとめた著書『スーパーごりょんさんの博多ちゃっちゃくちゃら』を「松居トコ」名義で出版します。

これがベストセラーとなり、16年間の結婚生活を終え離婚。

以後、コラムニストに転身し、ローカルタレント「トコ」としてテレビにも出演するようになります。

現在も地域情報番組「アサデス。」「めんたいワイド」にレギュラーコメンテーターとして出演するほか、雑誌や新聞に多くの連載を持ち、書籍の出版や講演を行うなど、幅広く活躍しています。

次ページ:松居大悟さんの兄、彼女、結婚について