新妻聖子さんが結婚し、ついに「新妻」なんて言われていますが、夫はどのような方なのか?

また、父の仕事や姉、噂のすごい腹筋、身長や高校大学、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

新妻聖子さんのプロフィール

名前:新妻聖子(にいづま せいこ)
出身地:愛知県中島郡祖父江町(現・稲沢市)
生年月日:1980年10月8日
年齢:歳(執筆時)
身長:156cm
体重:42kg
血液型:AB型
学歴:上智大学法学部国際関係法学科卒業
現職:女優、歌手
所属事務所:プロダクション尾木

新妻聖子さんは1980年愛知県生まれ。

父親の海外転勤に伴い、11歳のときにタイ・バンコクに移住し、約7年間を過ごします。

一家揃って音楽が大好きな新妻家は、タイでもよくカラオケに行っていたのだそうです。

そこで、新妻聖子さんの歌の才能に気づいた両親は、歌手になることを勧め、新妻聖子さんは、早くから歌手を志していました。

バンコクのインターナショナルスクール卒業後、上智大学法学部に入学し、大学在学中の2002年に『王様のブランチ』でブランチリポーターとして芸能界デビューを果たします。

もともと歌手志望だった新妻聖子さんは、大学在学中からデビューを目指して数多くのオーディションに応募してきましたが、なかなか合格できなかったといいます。

しかし、2003年にはミュージカル『レ・ミゼラブル』のオーディションに応募し、エポニーヌ役に大抜擢されます。

以降、『ミス・サイゴン』のキム役など、ミュージカル女優として活躍。

さらに、2006年のNHK朝ドラ『純情きらり』の挿入歌でCDデビューを果たし、また2010年の映画『アンダンテ~稲の旋律~』に主演するなど、女優・歌手として幅広く活躍しています。

受賞歴

  • 2005年、第31回菊田一夫演劇賞受賞(「21C:マドモアゼル・モーツァルト」モーツァルト 役 / 「サド侯爵夫人」ルネ 役)
  • 2006年、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞(「マリー・アントワネット」マルグリット・アルノー 役)
  • 2016年、第7回岩谷時子賞奨励賞受賞

新妻聖子さんの腹筋画像

さて、新妻聖子さんについて「腹筋」という関連ワードが挙がっています。

アスリートでもないのにナゼ腹筋?と思ったのですが、この姿を見て納得しました。

どうでしょうか?喉だけではなく、身体そのものをかなり鍛えていますよね。やはりミュージカルは身体が資本なのですね。

次ページ:新妻聖子さんの父親、旦那、姉の新妻由佳子さん