管理栄養士のまゆまゆこと今泉マユ子さんがマツコの知らない世界でパスタソースの世界を披露。

レトルトや防災食、本やレシピ、歯のことなどが話題です。

その今泉マユ子さんの年齢や結婚、旦那や子供(娘息子)、実家、経歴などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

今泉マユ子さんのプロフィール

名前:今泉マユ子(いまいずみ まゆこ)
愛称:まゆまゆ
出身地:徳島県徳島市
生年月日:1969年
年齢:47歳または48歳(執筆時)
血液型:A型Rh-
学歴:関東学院女子短期大学卒業
資格:管理栄養士

今泉マユ子さんは1969年徳島県生まれ。

関東学院女子短期大学卒業後、富士通不動産(現富士通リフレ)に管理栄養士として入社し、毎日1万食以上の社員食堂の献立を作成します。

結婚退職後に佐々木病院に管理栄養士として入社し、3年間中国・南京に赴任。

帰国後は横浜市の保育園に管理栄養士として勤務します。

2014年2月に保育園に勤務するかたわら、株式会社オフィスRMを設立し、災害食・食育活動に尽力します。

現在、防災食アドバイザーとしてテレビや雑誌など様々なメディアの監修、企業アドバイザーとしてレシピ開発、商品開発に携わるほか、行政の防災関係の事業、全国各地での講演・講座・ワークショップなど、幅広く活躍しています。

また、管理栄養士、防災食アドバイザーとして以外にも、『災害時に役立つ かんたん時短『即食』レシピ もしもごはん』『体と心がよろこぶ缶詰健康レシピ』などの著作を出版しており、その缶詰めやレトルトをアレンジした時短レシピも話題です。

今泉マユ子さんのパスタソースの世界

今泉マユ子さんはマツコの知らない世界で「パスタソースの世界」を披露するとのことです。

今泉マユ子さんは防災食の専門家として、またその時短簡単レシピで知られています。

単なるパスタソースマニアということではなく、その一環として取り上げられたのでしょうね。

今泉マユ子さんは、防災食の備蓄法として「ローリングストック法」というものを提唱しています。

これは、普段から食べるものを多めに用意し、食べたらその分だけ買い足す、というものです。

回転させながらも(ローリング)、常に新しいストックがある状態にするということですね。

確かにとても合理的な方法です。

気がついたらいつの間にか賞味期限切れになっていることも多い防災食ですが、この方法なら賞味期限切れを回避できそうですね。

防災食はどうしても米や麺類などの炭水化物に偏りがちということで、今泉マユ子さんは缶詰やドライパックを積極的に推奨しています。

今の時代は、工夫すれば栄養バランスの整った防災食を揃えることができるのですね。

そう考えると、たしかにパスタソースは優秀な食材と言えます。

長持ちするし、パスタ以外にも、パンやサラダ、餃子など、あらゆる料理に応用が可能です。

実際、今泉マユ子さんは、自宅にパスタソースを常に100種類以上ストックしているといいます。

単なる食のマニアというわけではなく、あくまで防災食の専門家の視点から入っているというのが興味深いですよね。

マツコの知らない世界ではどのような世界を見せてくれるのか、とても楽しみですね。

次ページ:今泉マユ子さんの旦那、娘、息子など家族。娘の写真はかわいい美人!?