和田アキ子さんと言えば、泰葉さんとのこと、病気やパワハラなどが話題になりましたが、韓国人を告白という噂、また薬で逮捕歴の噂があるみたいですね。

その真相について、簡単なwiki風プロフィールとともに調べてみました。

和田アキ子さんのプロフィール

名前:和田アキ子(わだ あきこ)
出身地:大阪府大阪市天王寺区舟橋町
生年月日:1950年4月10日
年齢:67歳(執筆時)
身長:174cm
血液型:O型
学歴:私立城星学園中学校卒業、同高等学校中退
現職:歌手、タレント、女優
所属事務所:ホリプロ

和田アキ子さんは1950年大阪府生まれ。

小学5年生のときから洋楽に憧れ、15歳ごろからジャズ喫茶などで歌い始めます。

174cmの長身から発せられるパワフルな歌声が評判を呼び、当時のホリプロ社長から直々にスカウトされます。

「和製リズム・アンド・ブルースの女王」のキャッチコピーで、『星空の孤独』でレコードデビューし、2枚目の『どしゃぶりの雨の中で』が大ヒットし、早くも人気歌手の仲間入りを果たします。

以後、『笑って許して』『あの鐘を鳴らすのはあなた』など数々のヒット曲を送り出し、紅白歌合戦の常連として女性歌手の中で歴代最多出場を果たすなど、歌謡界の大御所として知られています。

また、歌手以外にも、ドラマや映画への出演、バラエティ番組の司会者など、幅広く活躍しています。

和田アキ子さんは韓国人?本名は?北朝鮮?

和田アキ子さんは、韓国・済州島出身の父親と、朝鮮半島出身の母親を両親に持つ在日コリアン2世として大阪に生まれました。

出生名は「金福子」で、通名は「金海福子」だったとのことです。

父親は柔道の師範で、自宅に柔道場を開き、母親は乾物屋を営んでいました。

和田アキ子さんが芸能界デビューするときに、在日韓国人と分かる名前をまずいと思った父親が、自分の弟(和田アキ子さんの叔父)の養子にしてもらい、同時に名前も「和田現子」と改名したようですね。

「現子」の読み方が難しいので、「アキ子」とカタカナ表記にして、「和田アキ子」という芸名になったのですね。

現在は飯塚浩司さんという男性と結婚しており、本名は「飯塚現子」となっています。

ちなみに、デビューするときには、R&Bの女王らしく洋風の名前をということで、「マーガレット和田」という芸名を提案されていたのだそうです。

しかし、和田アキ子さんのイメージに合わず、結局改名後の本名から「和田アキ子」に決まったという経緯があったのだとか。

もし「マーガレット和田」だったら、『アッコにおまかせ!』じゃなくて『マーガレットにおまかせ!』とかになってたのでしょうかね。

なお、和田アキ子さんのルーツについて、韓国か北朝鮮かが気になる人がいるようですが、以前の通名が「金海」姓だったことから、韓国であると考えられます。

金海というのは、韓国の南部に位置する慶尚南道にある地名で、韓国最大の宗族である金海金氏の発祥地として知られており、これが和田アキ子さんのルーツであると考えられるからです。

次ページ:和田アキ子さんの逮捕歴の噂について