青森県住宅供給公社巨額横領事件の千田郁司(チダユウジ)のチリ人妻、アニータ・アルバラードの今現在は?

息子や娘、現在の夫パートナーなどwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

青森県住宅供給公社巨額横領事件の概要

青森県住宅供給公社巨額横領事件とは、青森県住宅供給公社の元経理担当主幹だった千田郁司氏が、1993年2月から2001年までに約14億5900万円を横領したという巨額横領事件です。

これは、2001年度仙台国税局税務調査を切っ掛けに発覚しました。

横領自体は1993年2月から始まっていましたが、公訴時効のために、1994年10月以降の約14億4600万円に対し横領罪で起訴されました。

そのため、最終的な横領総額は不明ですが、そのうちの約11億円が、千田郁司被告のチリ人妻、アニータ・アルバラードさんに渡ったと見られています。

2002年、青森地裁は懲役14年の実刑判決を言い渡します。

また、住宅公社は千田郁司氏に対し民事訴訟を起こし、その結果1993年2月以降の横領額全額の賠償を命じる判決が出ています。

住宅公社は、アニータ・アルバラードさんがチリ・サンディエゴ郊外に建設した8億円豪邸や、千田郁司氏の青森の自宅を売却して債権の回収に努めましたが、裁判費用や弁護士費用がかさみ、結局5300万円程度しか回収できませんでした。

住宅公社は2009年3月31日で解散しましたが、残りの債権はすべて青森県に引き継がれており、千田郁司氏は生涯に渡って債務を弁済し続ける義務を負っています。

なお、千田郁司氏は山形刑務所に服役し、2017年に満期出所しています。

アニータアルバラードさんのプロフィール

名前:アニータ・アルバラード
出身地:チリ・サンディエゴ
生年月日:1972年12月25日
年齢:44歳(執筆時)
血液型:A型
学歴:卒業
現職:女優、歌手、エッセイスト、タレント

アニータ・アルバラードさんは1972年チリ・サンディエゴ生まれ。

19歳のときに来日し、勤めていた青森市内のパブで千田郁司氏と知り合い、1997年に結婚。

千田郁司氏はそれまでも、住宅公社から公金横領を続けていましたが、アニータ・アルバラードさんとの結婚を境に、その横領額はエスカレート。

横領が発覚した2001年の時点で、すでに約11億円がアニータ・アルバラードさんに渡っており、そのうち8億円を使ってチリ・サンディエゴ郊外に豪邸を購入。

豪邸では9人の子供を育てていたとして話題になりました。また、

「悪いことをした夫は許さなくてもいいから、私は許してほしい」

という身勝手な発言も、大きな話題となりました。

なお、チリの法律では、婚姻中に妻が得た資産はすべて夫のものであると定められているため、8億円豪邸はあくまで千田郁司氏のものでした。

しかし、この8億円豪邸は後に国税局に没収されています。

アニータ・アルバラードさんというよりは、不動産会社の方に問題があり、国税に摘発された結果、芋づる式にこの豪邸も没収されてしまったとのことです。

アニータ・アルバラードさんは、現在は引っ越してそれなりの家に住んでいるとのことです。

次ページ:アニータ・アルバラードさんの夫、子供、現在