土屋礼央さんの父親・土屋禮一(土屋礼一)さん

土屋礼央さんの父親は日本画家の土屋禮一(土屋礼一)さんです。

土屋礼央さんの名前は、レオナルド・ダ・ヴィンチにちなんで父親が名付けたのだそうです。

土屋禮一さんは1946年岐阜県生まれで、武蔵野美術大学卒業後、加藤東一画伯に師事し、日展の常連受賞者となります。

2007年には『軍鶏』で日本芸術院賞受賞。2009年に日本芸術院会員になります。

現在、日本芸術院会員、日展常務理事、金沢美術工芸大学名誉教授・客員教授を務めています。

土屋禮一さんは、こんな作品を描いています。

ちなみに、土屋礼央さんの母親は絵本作家の土屋侑美さん、祖父は日本画家の土屋輝雄さん、祖母は詩吟を嗜んでいたとのことです。

すごい芸術家一家ですね。土屋礼央さんも、美術ではなく音楽ですが、その血を引き継いでいると言えるでしょうね。

なお、タレントの新山千春さんが遠戚の親戚に当たるそうですが、「父方の叔父の妻のはとこ」とのことで、血の繋がりはないみたいですね。

土屋礼央さんのご両親が登場しているYouTube動画がありました。とても仲がよさそうですね。

土屋礼央さんの結婚、嫁、子供

土屋礼央さんは2012年4月29日に一般女性との結婚を発表。

発表時には、すでに奥さんは妊娠しており、安定期に入っていたとのこと。

いわゆるデキ婚ですが、土屋礼央さん本人は、結婚前から早めに子供を授かりたかったようで、「子供ができたら結婚しよう」と考えていたのだとか。

というわけで、自分でも『出来ました婚』と称しているみたいですね。

奥さんや子供についてのそれ以上の情報は、一般人ということもあり、画像も含め、特に出回っていないようですね。

次ページ:土屋礼央さんのラジオ番組は?つまらない?