広島県福山市の学習塾『フジゼミ』の藤岡克義さんがザノンフィクションに登場。

元ヤンキー本田さんや早望(サキミ)さんのその後も気になりますね。

藤岡克義さんの半生、結婚、嫁、子供、高校大学などの経歴wikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

藤岡克義さんのプロフィール

名前:藤岡克義(ふじおか かつよし)
出身地:広島県福山市
生年月日:1975年
年齢:41歳(執筆時)
血液型:O型
現職:学習塾「フジゼミ」塾長

藤岡克義さんは1975年広島県福山市生まれ。実家は繊維問屋を経営していました。

子供の頃は学業優秀で、中学は私立の進学校に合格するのですが、2年生のときに同級生とケンカして暴行事件を起こし、退学処分を受けてしまいます。

その後、地元の公立中学校に転校しますが、そこは不良の多くいる荒れた学校だったようで、藤岡克義さんもその色に染まってしまったといいます。

その後、島根県にある高校に進学するものの、そこでも暴行事件を起こして、わずか1ヶ月で退学。

父親に勘当されてしまった藤岡克義さんは、高校中退後、親類の伝手を頼って上京し、酒類販売会社に住み込みで働くようになります。

数ヶ月ほどで辞めてしまったそうですが、親を説得して広島の高校に再度入学。

しかし、入学直前に交通事故に遭い右目を失明し、治療のために出席日数が足りず、留年が決定。

結局その高校もわずか半年ほどで中退してしまいます。

藤岡克義さんの転機

そんな藤岡克義さんの人生の転機となったのは二度の高校中退後、ゲーム喫茶で働いていた時のことでした。

小学生時代の同級生に偶然再会し、その変貌ぶりに触発され、大学に進学することを思い立ちます。

そして、猛勉強を始め、見事大検に合格し、大学受験の資格を得ます。

勉強は、近所の呉服店の店主から教わったそうです。

英語はThis is a pen.から。

国語は小学4年生のドリルから。

1日10時間、人が変わったように毎日猛勉強したといいます。

その努力が実り、みごと國學院大學経済学部に合格し、進学。大学卒業後は大手ゼネコンの大林組に入社します。

3年間の勤務を経て退職し、姉の藤岡朋子さんと2人で地元・広島県福山市に学習塾「フジゼミ」を設立。

現在はフジゼミ塾長としての業務のかたわら、2003年12月からエフエム福山イブニングステーション火曜日「心の鐘」にゲストとして出演。

また、広島県教育委員会、広島県警察本部、非行と向き合う親たちの会など各種団体、中学校や高等学校などで多数講演するなど、幅広く活躍しています。

藤岡克義さんの結婚、嫁、子供

藤岡克義さんは大学時代の後輩だった女性と結婚しています。

馴れ初めは大学のサークルでした。

子供ですが、藤岡克義さんのfacebookを拝見すると、赤ん坊を抱えたプロフィール写真が掲載されていました。

おそらく藤岡克義さんのお子さんと思われます。

まとめ

少年時代は荒れてしまってずいぶん波乱万丈な半生でしたが、現在は「フジゼミ」塾長として大活躍なさっている藤岡克義さん。

フジゼミのコンセプトは「ゼロからやり直す塾」となっています。生徒たちとご自分の半生を重ね合わせているのでしょうね。

そんな藤岡克義さんは、こんな本を出しています。

生徒の元ヤンキーの本田さんも、早望(さきみ)さんも、かつての藤岡克義さんと同じ「つまずき 寄り道 回り道」をしてきました。

その先にはどんな未来があるのでしょうか?

藤岡克義さんの活動とともに、生徒たちの先行きもとても気になります。

個人的には、きっと藤岡克義さんのように、明るく希望のある未来が開けてくるものと信じています。

ザ・ノンフィクションの放映が、今回も、今後も、とても楽しみですね。

以上、藤岡克義さんについてでした!