坂井宏行さんの片腕として知られるフレンチシェフ・工藤敏之さんと言えば、得する人損する人やスーパー給食などで話題です。

その工藤敏之さんの妻や息子など家族、年齢や経歴などwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

工藤敏之さんのプロフィール

名前:工藤敏之(くどう としゆき)
出身地:北海道今金町
生年月日:1957年12月19日
年齢:59歳(執筆時)
現職:ラ・ロシェルグループグランシェフ

工藤敏之さんは1957年北海道今金町生まれ。

1976年に函館調理師専門学校を卒業後、上京し、「森永レストラン」に勤務。

1977年に「東京エアポートレストラン」に入社し、その後1985年にフレンチの料理の鉄人として知られる坂井宏行さんの「ラ・ロシェル」に入社します。

1989年にラ・ロシェルが渋谷へ移転したのと同時に料理長に就任します。

1996年には取締役総料理長に就任。

現在は、『ラ・ロシェル南青山』『ラ・ロシェル山王』『ラ・ロシェル福岡』『ビストロイル・ド・レ』など4店舗の総料理長を兼任。

他に、料理教室の講師や婚礼式場における料理指導、執筆やテレビ出演など、幅広く活躍しています。

工藤敏之さんは、現在に至るまで、ラ・ロシェルのオーナーシェフであり、工藤敏之さんの師匠でもある坂井宏行さんの、

「料理は、目で楽しませ、食べてさらに美味しさを感じさせることが大切」

という教えを忠実に守り、坂井宏行さんの右腕として、ラ・ロシェルの味を受け継ぎ、守り続けています。

次ページ:工藤敏之さんの結婚、家族について