日曜ビッグ「凄腕漁師」に長崎・江島の中学生伊勢海老漁師・柏木聖矢(カシワギセイヤ)さんが登場。

中学校を卒業したら父親の柏木世次さんの後を継いで漁師になるという柏木聖矢さんは、江島を守りたいと考えているようです。

その柏木聖矢さんの経歴、中学校や年収など、wikiプロフィールについて調べてみました。

柏木聖矢さんのプロフィール

名前:柏木聖矢(かしわぎ せいや)
出身地:和歌山県→長崎県
生年月日:2003年
年齢:14歳(執筆時)
学歴:江島小中学校在学
現職:中学生、漁師

柏木聖矢さんは2003年和歌山県生まれ。

父親の柏木世次さんは、もともと違う仕事をなさっていたようですが、2010年に漁師を志して長崎県の江島(えのしま)に移住します。

江島は過疎化が進み、唯一の小中学校である「江島小中学校」は当時小学生がおらず、2008年から休校していましたが、柏木聖矢さんの入学により復校します。

また、2011年には中学生が卒業したため、中学も休校していましたが、2016年4月に柏木聖矢さんが入学したのに伴い復校します。

柏木聖矢さんには弟が2人おり、現在同小学校に在籍。江島小中学校は2017年度現在、小中合わせて生徒はこの3人だけとのことです。

柏木聖矢さんは、小学4年生のときから父親の漁を手伝い、父親とともに1日で伊勢海老を30キロも水揚げしたこともあるのだそうです。

漁だけではなく、勉強も部活動も精力的に取り組んでいます。

また、中学生にして、過疎化が深刻な島の現状を憂いており、同世代がいない分、将来は自分が地域の先頭に立たなければならないと考えているようです。

周囲に同世代の子供がいない分、大人たちに混じって過ごすことが多かったこともあり、中学生にして非常に大人びた考え方をしているようですね。

柏木聖矢さんの年収は?

柏木聖矢さんの年収ですが、もちろん公表されていません。

ただ、伊勢海老の素潜り漁師などは、年収で1000万円以上の人がザラにいたりするそうです。

伊勢海老ではありませんが、カニ漁船の漁師の平均年収は1000万~1500万円あたりだと言われています。

とは言え、漁師の全国平均は200万円台で、一般的には必ずしも高収入が期待できる職種というわけではないようです。

ただ、柏木聖矢さんと世次さんの親子の場合は、漁場に恵まれ、優れた設備(漁船など)とノウハウを持っているようなので、かなりの高収入を得ているものと思われます。

参考までに、2016年2月放送の「凄腕漁師」では、中学生新人カツオ漁師の岡本笙太郎さんという方が、7ヶ月分の給料+たくさん釣り上げたボーナスで300万円以上もらっていたようです。

もちろんカツオと伊勢海老では違いますが、柏木聖矢さんも中学生にしてかなりの収入を得ていることは間違いなさそうです。

以上、柏木聖矢さんについてでした!