元ロッテの愛甲猛さんは高校時代、甲子園のアイドルでしたが、数々の伝説やスキャンダルでも知られています。その今現在は?

妻の愛甲佐知子さん、息子の愛甲大樹さん、娘の愛甲麗華さんなど家族のこと、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

愛甲猛さんのプロフィール

名前:愛甲猛(あいこう たけし)
出身地:神奈川県
生年月日:1962年8月15日
年齢:54歳(執筆時)
身長:181cm
体重:87kg
学歴:横浜高等学校卒業

愛甲猛さんは1962年神奈川県生まれ。

小学生のときに野球を始め、強豪校・横浜高校へ進学し、1年生からエースとして夏の甲子園に出場しました。

野球の実力、端正な顔立ちから「甲子園のアイドル」でしたが、一方でかなりの不良としても知られていました。

具体的には、喫煙、シンナー、万引き、暴走族など、「非行」と呼ばれる行為なら何でもやっていたのだそうです。

これは愛甲猛さんにかぎらず、通っていた学校そのものがかなり荒れていたみたいですね。

中学1年生のときには同学年に万引きをした生徒が170人もいたことが判明したのだそうです。

高校2年生まではタバコやシンナーなどの非行を続けていましたが、3年生のときに甲子園優勝を本気で目指してタバコ以外はすべて断ったといいます。

その思いが通じたのか、3年時の夏の甲子園では見事に優勝を果たします。

しかし、その後は優勝パレードの翌日にスナックで酒を飲んだり、高校卒業間際には暴行事件を起こすなど、その悪童ぶりは相変わらずだったみたいですね。

プロ入り後は、高校時代のような非行はだいぶ影を潜めますが、現在ならドーピングにあたる薬物使用をしていたようです。

ホルモン剤である「アンドロステンジオン」を服用し、体力や持久力などが非常に強くなったそうです。

ただ、血栓ができるなど副作用もあり、故障しがちな身体となって結果的に選手生命を縮めてしまったと告白しています。

引退後の愛甲猛さんは、飲食店経営やサラリーマンなど職を転々とします。

途中、2006年に独立して化粧品・サプリメントの企画会社を設立。

また、野球コラムの連載や野球教室などを行うようになり、現在に至ります。

次ページ:愛甲猛さんの嫁・佐知子さん、美人の娘さん、息子さんについて