篠田桃紅さんの作品

篠田桃紅さんの作品は、水墨画の抽象画=墨象と呼ばれます。

2017年の展覧会については、3月29日から5月28日まで智美術館で、また6月14日から20日まで伊勢丹新宿店で展覧会がありましたが、すでに会期は終了しています。

直近の予定はまだ分かりませんが、わりといろんなところで頻繁に催されるようなので、次の展覧会の告知を待ちたいところですね。

篠田桃紅さんゆかりの岐阜県関市に『関市立篠田桃紅美術空間』という美術館があり、そちらで常時30点ほどの作品が展示されています。

関市立篠田桃紅美術空間の基本情報

開館時間:9:00~16:30
休館日:毎週月曜日、祝日の翌日、12月29日~1月3日、展示替えの期間
入館料:高校生以上 300円(20名以上の団体 200円)、中学生以下無料

長良川鉄道 関市役所前駅下車。徒歩5分。
東海北陸自動車道 関インターチェンジより車で約10分。

なお、作品の値段についてですが、リトグラフでだいたい数万円~数十万円くらいの価格帯のようです。

ただ、金箔、銀箔、プラチナ箔などを用いたものは数百万円するものもあります。

通販でも購入可能ですが、大人気のため、売約済みのものが多いようですね。

こちらのサイトではまだ在庫があるようですので(執筆時)、興味があったらぜひご覧になるとよいと思います。

以上、篠田桃紅さんについてでした!