神谷真帆さんのその後、現在

ここまでが前回のザ・ノンフィクション上京物語2015の内容でした。

今回2017年5月21日放映の回では、そんな神谷真帆さんも、ついに板前修業に挫折して店を去ってしまうことが明かされました。

その後の神谷真帆さんは、どうやら東京を離れ、しかし島には戻らず、母親のいる地方へ身を寄せたのだそうです。

なお、神谷真帆さんの母親は、真帆さんが生まれてすぐに離婚し、関西に在住しているのとのことですので、真帆さんは関西に引っ越したということになりそうですね。

そうやって母親と共に暮らすことになった神谷真帆さんですが、後悔の日々を過ごすことになったと言います。

そして、「ある道」を選択したのだそうです。

その道とは何なのでしょうか?また、なぜ神谷真帆さんは後悔の日々を過ごすはめになったのか?

神谷真帆さんの現在のお店はアベリア?

神谷真帆さんのtwitterアカウントがあって、そのプロフィールによるとAbelia(アベリア)という店の営業企画部、ホール主任をなさっているとのことです。

アベリアは寿司屋が手がけるイタリアンとのことで、調べてみると、前の勤務先である「意気な寿し処阿部」の系列会社に同名の会社がありました。

そこもイタリアン要素ありとのことですので、現在神谷真帆さんが務めている「アベリア」という店がそれである可能性は高いと思われます。

寿司職人は諦めたものの、同じ業界で接客や営業企画の分野で頑張っていくということでしょうかね。

詳細は今回のザ・ノンフィクションの放映で明かされることと思います。神谷真帆さんはどのような成長を遂げているのか?放映がとても楽しみですよね。

以上、神谷真帆さんについてでした!

追記:ザ・ノンフィクションの放映によると、「意気な寿し処阿部」の系列会社で間違いないようですね。

ザ・ノンフィクション