pha(ファ)さんの彼女、結婚

phaさんの彼女についてですが、以前はいたことがあったみたいですね。

もっと若い頃はいろんな物事に好奇心を持っていたものの、年齢とともに、大学も恋愛も仕事も一通りのことはやってしまって、「人生はだいたいこんなものだ」という感覚があるようです。

ただ、ギークハウスプロジェクトを始めてからは、ずっとほとんどプライバシーのない生活がずっと続いているので、彼女を作るのは難しいのではないでしょうか。

phaさんによると、シェアハウスは基本的にプライバシーがあまりないため、phaさんのようにずっと続けられる人はまれで、多くの人は彼女ができたり、定職に就いたりなどで、数年で去っていくのだそうです。

phaさんがずっと続けられるのは、元々あまりプライバシーを気にしない人だからそうで、こういうタイプは珍しいとのことです。

とは言え、phaさんは「ニート」を自称していますが、京都大学卒で知名度も高く、メディア出演や著作の執筆など、かなり優秀な著名人ですから、一般的なニートとはだいぶ条件が違います。

ですので、その独特の生き方に理解のある女性と交際している可能性は十分にあります。

一方で、phaさんは「結婚はない」と断言しています。

仲間たちとゆるくつながっている状態があれば十分で、結婚や家族は、窮屈で閉鎖的に感じて抵抗があるのだそうです。

しかし、これも「現時点では」ということなので、将来的には分かりません。

phaさんは自然体で、非常に柔軟な考え方をする人だという印象があるので、宗旨変え?をして、将来電撃結婚なんてことがあっても、個人的には驚きません。

pha(ファ)さんの年収は?

phaさんの年収ですが、2013年に出版した「ニートの歩き方」という著作によると、当時の年収は80万円くらいだったそうです。

phaさんの収入源は、ブログの広告収入、原稿の執筆料、本の印税が主で、他には週1程度のアルバイトなどがあるようです。

ただ、それから年月が経ち、ブログのアクセス数も増え、執筆などの仕事も増えているでしょうから、現在の年収はそれよりもだいぶ上がっているものと思われます。

とは言え、それでも世間一般の基準からすると、決して多い方ではないのではないかな、と推測します。

ギークハウスプロジェクトは今では日本各地に広がりを見せ、現在では30以上ものギークハウスがあり、今後さらに増えていく模様です。

ギークハウスプロジェクトの元々の趣旨から考えて、ここからphaさんが収益を得ようとは考えていないものと思われます。

しかし、だからこそギークハウスプロジェクトはここまで広まったのだろうと思います。

phaさんは、お金はなくても(実はあるかもしれませんが)、日本一有名なニートとして、その考え方や生き方は着実に多くの人たちに影響を与え続けており、今後の動向がとても興味深い存在です。

以上、phaさんについてでした!

ザ・ノンフィクション