柳原尚之さんの近茶流について

近茶(きんさ)流というのは、江戸時代に興り、代々女系で柳原家に受け継がれてきましたが、祖父の柳原敏雄さんにより初めて体系化され、男系に移り現在に至ります。

その特徴は、たとえば魚の扱い方に現れ、

・魚を腹からではなく、江戸魚河岸の伝統に従って背から裂く

・かれいはありのままの姿になるように、頭を右にして盛り付ける

などが近茶流の作法となっているそうです。

日本料理では魚は頭を左にして盛るのが普通で、頭を右にして盛るのは不祝儀なのだそうです。

そのため、かれいの場合は裏返して頭を左に向け、さらに皿の左側に熨斗をつけるのが好ましい盛り方とされているそうです。

柳原尚之さんの結婚相手

イケメン料理研究家の柳原尚之さんの結婚が気になる人が多いようです。

柳原尚之さんは2013年10月26日に東京のホテルオークラで結婚式を挙げています。

披露宴には「渡る世間は鬼ばかり」のプロデューサー・石井ふく子さんをはじめ、著名人が多数出席するなど、とても盛大なものだったそうです。

ちなみに結婚相手の名前は真理さんというそうです。

子供についてですが、柳原尚之さんのfacebookに息子さんと思われる赤ん坊を抱きかかえている写真がいくつかアップされていました。将来の4代目ということですね。

以上、柳原尚之さんについてでした!