中田喜子さんが刺青?

中田喜子さんを検索すると「刺青」という関連ワードが出てきます。

中田喜子さんは今現在も、年齢を感じさせない美白の綺麗なお肌をなさっており、刺青の対極にあるイメージなのですが、どういうことなのでしょうか?

映画の題名だとか、テーマだとか、役柄だとか、考えられる可能性を当たってみたのですが、はっきりしたことは分かりませんでした。

ただ、1987年のテレビ東京のドラマシリーズ「ドラマ女の手記」に、「極道の妻・体張ります」という作品があり、そこに中田喜子さんが出演していたようです。

おそらく若い頃に、中田喜子さんはこういうヤクザ映画・ドラマにいくつか出演しており、その中で刺青姿を披露したということがあったのかもしれませんね。

中田喜子さんの結婚、旦那、子供

中田喜子さんは、1979年、25歳のときに12歳年上の広告制作会社社長・山崎英一さんと結婚しました。

馴れ初めは、中田喜子さんが山崎英一さんの制作したCMに出演したことがきっかけでした。

しかし、28年後の2007年に離婚します。

ただし、報道されたのは2012年になってのことで、中田喜子さんは週刊誌の取材に対し、離婚の理由は夫の浮気であると発言しています。

離婚の際には、夫が有責であるにも関わらず慰謝料は一切受け取らず、田園調布の一戸建ての家は、元夫の所有分を買い取ることで中田喜子さんの名義にしたのだそうです。

なお、中田喜子さんには子供はいらっしゃらないようです。

中田喜子さんの若い頃

中田喜子さん、還暦を過ぎた今も若々しくとてもお綺麗です。

そんな中田喜子さんの若い頃が気になりますよね。

こちらに若かりし頃の中田喜子さんの写真があります。

連想ゲームの紅組キャプテン時代ですから、20代半ば~30歳前後の頃でしょうかね。

さすがと言うか、予想通りというか、やっぱり綺麗ですね。

現在の中田喜子さんは落ち着いた穏やかな風貌ですが、この頃は眼力があって若さを感じさせますね。

以上、中田喜子さんについてでした!