福田朋夏さんが失神?

「20年に1人の天才」と称される福田朋夏さんほどのフリーダイバーでも、命の危険に晒されることはあるようです。

福田朋夏さんのアメブロの2012年11月の記事に、

仲間の話では、水面まであと1mの所で意識をなくしていたらしいです。

引き上げてくれたigorに感謝。

とありました。さらに続けて、

久しぶりのブラックアウト、やっちゃったなーって感じはあるけど、

これが自分の限界とは思ってない。やっと本気で自分と向き合う時がきたなって思ってる。

と述べています。ブラックアウトというのは気絶のことですね。

当時はすでに世界選手権で金メダルを獲得するなど、世界的なフリーダイバーになっていましたが、それでもそのような危険と常に隣り合わせなのですね。

それにしても、それでも辞めるどころか、ますます立ち向かうモチベーションが上がっているところが、根っからのフリーダイバーということなのでしょうね。

福田朋夏さんの結婚、離婚、再婚、旦那

福田朋夏さんは2011年にイゴール・リベルティさんというイタリア人男性と結婚しました。

上の引用に出てくる「igor」というのは、イゴール・リベルティさんのことです。

イゴールさんは福田朋夏さんと同じフリーダイバーで、水中カメラマンもなさっているのだそうです。

しかし、2014年に離婚。子供はいらっしゃらないようです。

離婚の理由は、イゴールさんによると、「福田朋夏さんがイゴールさんよりもフリーダイビングの方を選んだから」なのだそうです。

やはりいくら同じ職業とはいえ、いつも一緒にいられるわけではなく、ましてや福田朋夏さんのような世界的なフリーダイバーともなれば、旦那さんと一緒にいられる時間は非常に限られるのでしょうね。

離婚後、福田朋夏さんはとても落ち込んでしまい、ダイバーをやめようかと悩んだこともあったそうです。

海は楽しいけれど、待ってくれる人がいないと、海から戻ってくる理由がなくなってしまう、というのがその理由だったのだそうです。

しかし、やがて気を取り直してふたたび競技に邁進することになります。

そして、新しい出会いにも恵まれ、2016年には、沖縄のパーティで知り合ったニューヨーク在住の日本人カメラマンと再婚なさったそうです。

福田朋夏さんの年収は?

フリーダイバーの年収というのは、一般にかなり少ないようです。

日本では2010年に初めて賞金付きの大会が催されましたが、そのときの賞金はわずか10万円だったそうです。

賞金ではなく、商品のプレゼントという場合も多いようですね。

やはりいわゆるマイナースポーツと呼ばれる分野なので、野球やサッカーみたいにはいかないみたいですね。

ちなみに、インストラクターの年収は200万円くらいなのだそうです。

2014年にテレビに出演した時に、モデル時代の2倍と答えていました。

残念ながらモデル時代の年収が分からないのですが、いずれにせよ、フリーダイバーとしての収入はそれほど多くなく、平均的なサラリーマンの年収とそれほど大差ないのではないかと思います。

以上、福田朋夏さんについてでした!