露の団姫さんの結婚、馴れ初め、子供

露の団姫さんは2011年3月11日に太神楽曲芸師の豊来家大治朗(ほうらいやだいじろう)さんと結婚します。

馴れ初めは2010年8月のこと。名古屋で営業をしていた露の団姫さんは、そこで出会った豊来家大治朗さんに一目惚れし、「この人と結婚する!」と確信したのだそうです。

なんでも、露の団姫さんは、頭の毛の薄い人がタイプなのだそうです。仏教の影響なのでしょうか(^_^;)

そして、名古屋滞在中の4夜連続で語り合って意気投合し、その後豊来家大治朗さんの方から交際を申し込み、わずか3ヶ月後の11月にプロポーズ。

翌2011年3月に結婚を決め、出会いからわずか7ヶ月のスピード婚となりました。

豊来家大治朗さんは、露の団姫さんについて、「自由奔放でワガママだけど、そこも好き」と発言しています。

なお、露の団姫さんの子供についてですが、2014年4月22日に第一子となる長男を出産しています。

露の団姫さんの旦那・豊来家大治朗さん

豊来家大治朗さんは1978年兵庫県生まれで、露の団姫さんの11歳年上です。

太神楽というのは、江戸時代に始まった演芸で、神楽の一種です。

よく知られたものとして、獅子舞や傘回しなどがあります。

傘回しというのは、傘に鞠などを乗せてクルクル回す曲芸です。「おめでとうございま~す」の海老一染之助・染太郎さんなどが有名です。

豊来家大治朗さんは、伝統的な太神楽曲芸のほか、アクロバティックな曲芸も得意としており、特に「剣の輪くぐり」の日本唯一の使い手とされています。

また、豊来家大治朗さんは敬虔なクリスチャン(プロテスタント)としても知られており、キリスト教関係のイベントや、アメリカの著名なキリスト教のテレビ伝道師であるフランクリン・グラハムの番組などに出演しています。

それにしても、妻が尼僧で夫がクリスチャンなんて、スゴいカップルですよね。

露の団姫さんも豊来家大治朗さんも、宗教本来の寛容の精神を自然に持ち合わせている方たちなのでしょうね。

個人的には子供の将来の宗教が気になります。イスラム教とか神道とか、他の宗教だったらかなりスゴいことになりそうです。

以上、露の団姫さんと豊来家大治朗さんについてでした!