大空眞弓さんの元夫・勝呂誉さん

大空眞弓さんは1968年に俳優の勝呂誉(すぐろほまれ)さんと結婚します。

勝呂誉さんは1940年生まれで、共に28歳の同い年でした。

馴れ初めは1961年のドラマ「青年の樹」での共演がきっかけでした。

1976年に長男を出産しますが、1982年に離婚。

その後、勝呂誉さんは再婚しますが、なんと大空眞弓さんはその結婚式に新郎側友人として出席したのだそうです。

しかも、スピーチでは、

「過去の私と勝呂さんとの結婚は何かの間違いでした。私のことなんか忘れてどうぞお幸せに!」

と祝辞を述べたのだとか。

大空眞弓さんはサバサバした性格だと言われていますが、なるほどこのエピソードを聞くと納得ですよね。

なお、大空眞弓さんは、デビュー間もない頃に、セゾングループの元代表の堤清二さんの愛人という噂が広まったことがあったそうです。

2ショット写真が週刊誌にスクープされたそうで、このスキャンダルをもみ消すことができなかったセゾングループの広報担当者がクビになったのだそうです。

大空眞弓さんの長男

大空眞弓さんと勝呂誉さんの長男は中田元博さんといい、かつて俳優をなさっていたそうです。

中田元博さんは、2001年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、世間を騒がせました。

そして、これにとどまらず、保釈中の2002年2月に同法違反で逮捕され、4月に懲役2年6ヶ月、執行猶予5年の判決を言い渡されます。

さらに、執行猶予中の2003年9月から10月にかけ覚醒剤を使用した疑いにより、入院治療を終えた2008年に3度目の逮捕となりました。

なお、このとき、大空眞弓さんは記者会見で、

「もう1度、おなかの中に入れたいと思いました。 もういっぺん産み直したい。かなわないことですけれど」

と述べています。

次ページ:大空眞弓さんの母親、愛犬、卵、若い頃について